« すごくどうでもいい話 | トップページ | パッキパキやで… »

2010年12月21日 (火)

幸せはすぐ近くにあるものです

草間さ〇えさんの新刊すごく良かった!最近、良いBLばっかりで嬉しい!(*^v^*)

この作家さんはほんと話うまいなぁと毎度読む度感動します。個人的には受け攻めが逆でもイイかなと思うものが今まで多かった(攻めキャラ攻め隊根性故に)けど今回は年下攻め・ツンデレにゃんドストライクでメロメロデレデレした。

年下攻め・ちっちゃいこ攻め・おっきい子受けラブ!…的な同盟誰か作りませんか(笑)

そろそろ恋煩し〇とさんの漫画が読みたいなぁ。新刊待てなくてこの前うっかり連載雑誌買いそうになったけど、新刊出たときに結末だけ分かっちゃってるの微妙だと理性振り絞ってガマン(0言0)

個人的に、水城せ○なさんが一番好きというか、明○美子先生や山田○ギ先生もだけど、他のBL作家さんとは次元違うといつも思う。みんな、他にもそういう作家さんたくさんいるし草間さんもそうだけど、1冊まるまる長編作品描けるような力ある作家さんはBL作家にとどまってないよなぁ。BL商業やっている人の中でも、ストーリー作れる作家さんって何だかんだ極稀な気がする。

たいていホモに都合よく(笑)ストーリーが展開していくものばかりだけど、主人公の葛藤とかそういうのがすごく鮮明に生々しく描かれてるなぁ(山田○ギさんはその点気持ちがやさしくなる話が多いですが)と思ってハァハァしながらいつも舐めるようにして読んでる。

でも、この年一番の本命は松尾マ○タさん!話も画もすごい!この人はほんとすごい。ブラボー!何しろ主人公が忍足(盲目)。ただこの1冊に製作年数4年か5年くらいかかってるみたいだから次に新刊出るときは自分アラフォー(^p^)こういう、愛はあるけど現実くっつかないで終わるBLがもっと読みたい。

51cfzom7sl__ss500_

ハッピーエンドはファンタジーの常套句、ならばバッドエンドのBLを求めてる(個人的に)いっそ最初から最後まで少しの救いもない絶望的な内容でもいい。そんなBL、誰か知りませんか。

と、そんなこんなを妄想しながら残り少ない今年も乗り切ろう。今週は特に死亡フラグ。

|

« すごくどうでもいい話 | トップページ | パッキパキやで… »

日記」カテゴリの記事